2017年03月

労基法違反で送検されるのは社長だけではありません!

平成28年9月29日、「和食さと」などを経営する会社の事業推進部長ら5名が書類送検されました。   これは、和食さとの池田東店の労働者に対し、除外事由がないのに1か月最大49時間1分の時間外労働を行わせ、平成27年2月の残業代3万4006円を支払わなかったというものです。   通常、時間外労働の1か月の上限は45時間ですから、4時間1分オーバーしてます。……

>続きを読む

裁判所が判断する解雇の有効性

従業員を解雇する場合、従業員に非があることは当然のことでしょう。 しかし、それだけで解雇が有効とはなりません。   平成28年2月26日に判決の出た裁判例を紹介します。 事件の概要:従業員Aは、社内情報を外部の漏らしインサイダー取引を行ったとして証券取引等監視委員会の勧告を受け、報道もされた。会社は就業規則の解雇規定にある「会社の名誉・威信を傷つけた場合」に該当す……

>続きを読む