記事のタイトルに語弊がある

ネットの記事にこんなタイトルが付けられていました。

「年金の受給額を最大42%もアップさせる方法」

 

われわれ専門家の社労士からすれば、「繰り下げ受給の件だな。でも、ちょっと語弊のある言い方だな」と思うわけです。

年金が42%もアップすれば誰だってそちらを選びます。

でも、あまり知られていませんし、われわれも制度は説明しますが、推薦はしません。

なせなら、

42%アップさせるには、65歳からもらえる年金を70歳までもらわないようにしないといけないからです。

要するに、5年間年金もらわないならアップします、ということです。

 

5年間にもらうはずだった年金を取り戻すのに約11年間年金をもらわないといけないのです。70歳からもらって81歳まで生きないと得にはなりませんし、65歳から70歳までは年金がありませんから、他の収入源がないと生活もできません。

ですから、65歳からもらってた方が得、の場合もあるのです。

 

タイトルだけ見て、年金事務所に「年金増える方法あるんやて?」と相談に来る人がいるのですが、内容を説明するとほとんどの方がそのまま帰ります。5年間年金がないのが厳しいみたいなので。

 

記事を読み進むときちんと内容について説明されていますが、こういうタイトルの付け方は、ちょっと気になります。