会社を辞める人のホンネ

とある記事を紹介します。

 

2015年のデータですが、1年間に職場を去った人は約713万人。これは、離職率15%です。100人の会社なら15人が1年間に辞めていることになります。

 

辞めた理由は?

通常、会社に提出する退職届には「一身上の都合」と書くことがほとんどで、本当の理由はわかりません。

 

で、リクナビNEXT調べのデータを紹介します。

退職理由の1位は、

「キャリアアップしたいから」

となっていますが、これはタテマエであり、ホンネの理由1位は、

「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」です。

2位は、「労働時間・環境が不満」

3位は、「同僚・先輩・後輩とうまくいかない」

4位は、「給与が低い」

です。ちなみに、タテマエ1位の「キャリアアップしたいから」は、ホンネでは7位です。

 

要するに人間関係です。

 

今後、人材不足が加速する状況で、人材の流出は会社の将来を左右します。今一度、ご自分の従業員、職場環境を見直してみてください。気づいたら誰もいなくなった・・・では、もう従業員が集まりませんよ。