今後の労働環境

2017年が始まりました。

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、今年はどのような年になるのでしょうか。

今月から65歳以上も雇用保険に加入することになりました。

育児介護休業法も改正されました。

 

高齢者の雇用促進、ワークライフバランスの推進は、ますます広まるでしょう。

老齢年金の受給開始年齢も修正されるような動きがあります。

 

少子化が進むにつれ、人材不足が深刻になります。

顧問先からも人材確保の相談を多く受けるようになりました。どこの社長さんも頭を悩ませています。

これからは、高齢者、女性、外国人の確保と、今いる従業員の流出(退職)を防ぐことが企業にとっての最重要課題となるのではないでしょうか。

 

今年も事業主さんのために奮闘したいと思います。